East Asia Digital Library

  • image07
  • image08
  • image09
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
Title
Creator
Publisher

來禽圖彙

Titledcterms:title
來禽圖彙
Creatordc:creator
[北尾政美] [画], [關盈文] [編]
Publisherdc:publisher
[羣玉堂松本善兵衛]
Issueddcterms:issued
1790
URI
eadl:NDL024325185

Abstract

  • 北尾政美写の花鳥絵本。通行書名は『海舶来禽図彙』。画帖装。色摺り。扉に、「南京費晴湖 同程赤城閲」とあり、2人の来舶清人の校閲を受けた。扉に「六友舎臧」とある。大英博物館本と比較して、序文、凡例、奥付と、2図ある南京人図の1図を欠く。刊年は、大英本の関盈文の漢文序に寛政2年(1790)9月とあることを勘案して、寛政2、3年と推定されている。版元は江戸の群玉堂松本善兵衛。序文などによれば、本絵本は、盈文が長崎で目にした舶来の珍しい禽獣の図譜(渡辺秀詮筆か)を縮写させて江戸に持ち帰ったところ、群玉堂の懇望により出板に及んだという。目次に、「南京人図」以下、舶載した鳥と花木の名を組み合わせて挙げる。鳥の名は、「寿帯鳥」「画眉鳥」「黄鸝」「鶺鴒」「白鷴」「竹鶏」「白頭翁」「十姉妹」「鷂禽」「鷓鴣」と、すべて漢語表記による。一方、花木の名は、来舶の鳥と日本の花木との取り合わせという趣旨から、和名をカタカナで表記する。絵は精細に努めており、特に鳥は、自然描写を背景に、木の枝に止まったり、地面を移動したりする伝統的な構図によって、生き生きと描かれている。彩色は、やや抑え気味であるが、同系色の濃淡や、背景の拭きぼかし、没骨などの技法をふんだんに使用する。喜多川歌麿の『百千鳥狂歌合』と双璧の花鳥絵本とされる。稀本。なお本絵本の解説書として、寛政5年9月、松本善兵衛刊、関盈文著の『海舶来禽図彙説』(当館請求記号:特1-397, 特7-76)1冊が存する。(参考文献)成沢勝嗣「長崎御用絵師資料としての『海舶来禽図彙』」(『古美術』91 1989)浅野秀剛「『来禽図彙』の書誌」(『浮世絵藝術』108 1993)星野鈴(解題)「海舶来禽図彙」(国文学研究資料館, チェスター・ビーティー・ライブラリィ 共編『チェスター・ビーティー・ライブラリィ絵巻絵本解題目録』勉誠出版 2002.3)

Metadata

Titledcterms:title
來禽圖彙
Creatordc:creator
[關盈文] [編], [北尾政美] [画]
Publisherdc:publisher
[羣玉堂松本善兵衛]
Issueddcterms:issued
1790
Alternativedcterms:alternative
海舶来禽図彙, 來禽圖會
Datedcterms:date
[寛政2 (1790) 頃]
Data Providereadl:dataProvider
国立国会図書館
Provided Ineadl:providedIn
Japan
Extenteadl:extent
1帖 ; 26.5×19.8cm
sameAsowl:sameAs
http://dx.doi.org/10.11501/8664046
Descriptiondcterms:description
装丁 : 和装, 全13枚. 序, 凡例, 奥付, 「Chineesen op surroonden van Nankin」(南京人図)を欠く, 書名は扉題による. 後補の書き題簽書名: 來禽圖會, 色刷
Has Vieweadl:hasView
http://dx.doi.org/10.11501/8664046
Categoryschema:category
http://eadl.asia/collection/NDL_Bibliographic_Catalogue , http://eadl.asia/collection/JapanCollection , http://eadl.asia/collection/NDL_OldBooks
Labelrdfs:label
來禽圖彙

Related Digital Collection(3)